コロナーズ対策

毎日のように報道される『コロナウィルス』におけるニュースネタですが、それのおかげで、マスクの値段が10倍~20倍にまで、転売屋によって買い占められ、ヤフオクや、メルカリなどで売却されています。

私個人としては、HEARTSの教室は、毎回授業が終わるごとに滅菌処理しているのですが、そのエタノールまで店頭で買えなくて、困るという感じで…

正直な所、意味わかって、無水エタノール 買ってるんか? と突っ込みたい所満載です。

危険物取扱主任者 乙種の 1~6まで全種を取得した私にとって、これら危険物を使う事は何とも思いませんが、素人がこんな発火性のある物を、使うと、この時期だけに、火災が発生してもおかしくないんじゃないかと思ったりもします。

乾燥時期なので、延焼するでしょうし…。

無水エタノールは、元々 水など洗浄できない機器などを洗浄するのに利用する純度の高いメタノールで、文字通り、『無水』なので、水が入っていない 90%以上の純度の高い エタノールです。

エタノールは、非常に揮発性の高いもので、直ぐに気化・発火します。

消毒効果があるのは事実ですが、無水エタノールを、そのまま肌に付けると、皮膚の炎症を起こし、肌荒れ必須です。

消毒液として利用するなら、水などで濃度を薄める事で除菌スプレーとして利用はできます。
ただ、なんで 原液使ってるのかな? と思うのかというと、 無水エタノールは売り切れて手に入らないのに、その横にある 『精製水』 がめちゃくちゃ 売れ残ってるからです。

この人たち、もしかして、 無水エタノールを 水道水で割ってるんかな? なんて思ったからです。
適切な割りなら、水道水なんかの不純物の高い水ではなく、 精製水を利用するのがデフォルトです。

そんな感じで、テレビでやれば、一瞬で売り切れるという、それも意味が解って買ってるのか?
私としては、ずっと授業が終わるごとに、殺菌してるのに、業務で使う消毒液が手に入らないというのが、ちょっと嫌な感じ…
ぶっちゃけ、殺菌したいなら、ハイター(漂白剤)を希釈したら大量に作れるんだけど、でもパソコン相手に希塩酸なんてぶっかけられない。。。。だから高純度のエタノールが居るのに!もぉ!

マスクも異常に不足してるし、私が…というよりも、これによって、本当に必要な医療機関にマスクが届かないという事態が、もうめちゃくちゃだと感じる訳です。

コロナ以上に、 もともと免疫系の弱い お子さんや、 病気の方。
それを一生懸命治療している、医療従事者や家族。
そして、これから本当の意味で、花粉が飛んで必要な人がたくさんいるのに、マスクの強奪があり、高額転売されているという現状を鑑みて、思う訳です。

私は医療従事者ではない。だから、直接助けてあげる事はできない。
パソコンを使うという事で、何か役立つ事は無いのかと…。

で、とりあえず、私が知っているウィルスに対する知識を資料にしよう!
というか、今これくらいしか思いつかない…

という事で、コロナウィルス(私の中では、コロナーズと呼んでいる)対策の資料を!

という事で、現段階で分かりえる内容で、コロナーズの資料を公開致します。
ちなみに、公開するにあたり、現役の看護師にチェックして貰いました。
良くできた資料だとお言葉も頂きました。


















関連キーワード
注目記事