コロナの影響で、無水アルコールが手にはいらない事に、オフィスのPCの滅菌を毎授業やっている私としては、この異常な環境が、ちょっと嫌な感じですというのは、前回のブログでも書きましたが…。

いつも通りの物品が手に入らない事に腹が立つのであって、本気で滅菌消毒しようと思うなら、別の方法等幾らでもあるのですが、この異常感じが嫌な感じだと思うのは私だけではありません。

ちなみに、教室のエタノールの除菌分については、十分な在庫があるので、皆さんは安心して教室のパソコンを使ってくださいね。

さて、マスク不足が深刻で、政府も増産してるよぅ!と言っていますが、増産した所で当然足りない訳で、その多くは転売によって儲けを出す、一般ピープル、いわゆる転売ヤーによって供給不足となっている事も否めません。

転売ヤーでも、その業種に特化している転売ヤーは非常に多くの情報を持ち合わせていますが、今のコロナ関係においては、素人転売ヤーが多く、扱う物品も滅茶苦茶な事が多いです。

ここで、●●が使える…という事は書きたくないので割愛しますが、現在の転売がどれほどまでに価格が上がっているのかを見てみましょう。

マスク

おなじみダイソーのマスクですが、現在Amazonで100円のモノが、3140円で転売されています。
みんな元根がわかっているだけに、納得はいかないでしょうが、花粉などでひっ迫している方には必要不可欠です。

ちなみに、ダイソーのマスクは、主に、防塵・花粉・ホコリ主体です。
これで、コロナを防ぐという事はできません。
どこかのサイトに、小麦粉の粉を通すのか…という検証されたサイトがありましたが、小麦粉の粒子は、20μm~170μmと人の目には、めちゃくちゃ小さいですが、実の所、めちゃくちゃ大きい粒子です。

細菌のサイズも、ウィルスの約10倍ですから…とはいえ、ちょっと文字で書いても想像できませんよね。
なので、図化してみます。

それぞれの身近なモノでサイズ比較してみます。
コロナから、髪の毛の断面辺りまで

細菌とコロナ… 一番左側に居ますが、見えますか?

もうちょっと拡大してみます。

これで見えますか??? コロナの見やすいように、赤色に着色してるんですが…。

これなら見えますか?? 矢印の先っちょの 赤い点…。
これがコロナーズのサイズです。

非常に小さいのがわかるかと思います。
防塵マスクをしたって、外部から守る…という意味ではあまり効果がないのわかってもらえましたでしょうか?
前回のBlogでも書きましたが、唾として、吐き出さないという意味で効果的。又は直接粘膜を触らないという意味で効果的。
もはや、エアゾル化しそうになっているモノをもし、そんな霧の中にいるようなら、もう完全に諦めてください(笑)

防護スーツ着ないと無理です。

転売されているマスクなんて、こんなものです。
コロナの為より、本当に困ってる花粉症の方に分けてあげて欲しい所です。

さて、アルコール関係も品切れです。
手ピカジェルのような、分かりやすい商品は、速攻売り切れますが、同等の効果を持つなら、別にいくらでもあるし、殺菌というカテゴリーなら、アルコールである必要もありません…が、そこは割愛します。

では、どんな感じで転売されているんでしょうか。

転売のメッカ、メルカリで 見てみます。

無水エタノールは、通常価格 1200円程度です(500㏄)なら。
それが2本で 4800円。 綺麗に 2倍で販売中です。

私的に、何より驚きなのが、配送方法 『レターパック』!!

エタノールを含むアルコール系。これらは、郵便での輸送はできません。
またヤマト運輸でも禁止されています。 
メルカリでの配送は主に、『らくらくメルカリ便』や『ゆうゆうメルカリ便』と、クロネコヤマトや郵便との提携により、匿名配送などができるのですが、禁止されているこの揮発性物品を送れる特約でもあるんでしょうか。

■クロネコヤマト 宅急便で送れないもの
http://www.kuronekoyamato.co.jp/ytc/customer/send/preparations/inability/

■郵便局
アルコール度数が70度以下のものであれば、ゆうパックとして送ることができます。
なお、郵便物、ゆうメールおよびゆうパケットについては、アルコール度数60度未満のものまでしか送ることができません。
https://www.post.japanpost.jp/question/354.html

という事であれば、低度の消毒液なら送れるかもしれませんが、無水エタノールは完全アウトですね。
消毒液のエタノール度数はおおよそ 70%~75%程度。
それを下回る物であればOKという事になります。

とはいえ、メルカリの記載に

配送を含めてメルカリがお取引をサポートいたします。配送時のトラブルにより商品紛失・破損等が発生した際には、メルカリが適切にサポートいたします。


 らくらくメルカリ便  https://www.mercari.com/jp/rakuraku-mercari/

と書いてるんだから、輸送中に引火・爆発しても、メルカリが 保障してくれるんでしょうね。

この様に、配送1つとっても、アルコールには制限があったりします。

私は、そこに需要と供給というモノがあるからこそ、確かに経済は成り立つのだと思います。
とはいえ、買う側も、それなりに きちんとした知識を持ち、適切に購入したらいいと思います。

例えば中国では、よりマスク不足は深刻です。
結果、農家にまでマスクが無く、自作する人もいます。

これを見て、キャスターが、こんなもの 意味があるのか… と言っていましたが
意味はあります。
逆に、普通の使い捨てマスクより、オリジナルで加工するから気密性も高いし、何より粘膜を触らない。
そして、くしゃみをして、外部に出さないという事で、これは十二分に役立ってます。
毎回作るの大変かもしれませんが…。

何より一番汚いのが、自分の手。
誰が触ったかもわからないお金を毎日触り、手すりを触り、電車に乗り、エスカレーターのボタンを押し…接触感染という意味では切りがない。
だから、食事するなど、粘膜付近を触る行為の前に、しっかりとした手洗い!

賢く・上手に 戦っていきましょ!

そして、私は、転売ヤーの人たちのガッツを見習おう…。
一人のビジネスマンとして…。

でも、根が優しいから、困ってると無償で助けたくなるんだよなぁ。
商売人向けじゃないんだよなぁ。

( ゚д゚ ) そこ自分でいうか! (笑)

注目記事