マスクの再利用は可能か

マスク不足が一向に解消されませんし、またマスクの高額転売はもはやデフォルトとなってきました。
マスクによる争いで流血事件になる程です。

さて、マスクと言っても、一般マスク と ガチンコマスクが存在します。
コンビニや薬局で販売されているのは 一般マスクです。

一般マスクそのもので、コロナーズを抑える事はできませんが、コロナーズ単体で浮遊する空気感染レベルにまだ至っていないという事であれば、唾やホコリ・花粉等にくっついて浮遊している事はあるかもしれません。そうした粒子の荒い(大きい)モノとセットで浮遊しているのなら一般マスクでも対応は可能ですが、どちらかというと、外部から守るというよりも、内部(自分のくしゃみ・咳)から外部へ放出しない為のアイテムという意味合いが圧倒的に大きいです。

反対にガチンコマスクは いわゆる 95シリーズの様にいわゆる病院や手術室で使うような「サージカルマスク」と呼ばれるモノで、そのきめの細かさから内外からの感染をシャットアウトします。
私もサージカルは持っていますが、もうちょっと世の中が荒れるようになったら・・・とストックしています。

さて、今回はこうしたマスク不足の中、マスクを再利用できないのか…という事に焦点を当ててみようと思います。

どれだけ マスクがあった所で、結局は消耗品であり、そしてコロナーズの期間。これは完全な消耗戦です。消耗戦の戦略というのは、もうチキンレースと同じです。
どちらが倒れるか…という事になりますが、何度も使える…。 つまり使っても使っても減らないお金…のような状態がキープできれば、それこそが消耗戦で勝つ方法という事になる訳です。

推奨はデキないが、この状況下で正攻法は通用しない

マスクの再利用…そもそも、そんな事はあってはならない…というのが一般論です。
雑菌やばい菌の温床ともなる物を再利用して、余計に悪化させるじゃないか…というのは正論です。

しかしながら、今、正論を突き通す事ができません。
① そもそもマスクが安定供給できてない
② 人前でマスク無しでせき込むと、敵対心を生む

こうした状況下で、マスクによる雑菌にやられる前に、目の前の 人間に やられる可能性の方が高いからです。
なので、今、ここで正攻法はあえて封印します。
可能性の問題として、この記事は見て下さい。

熱湯で処理してみてはどうか?

マスクは一般的にサージカルも含め『不織布』というマイクロファイバーにより形成されています。
これだけ見ると、ただの紙でできた布? というイメージですが、実は違います。
マスクというのは、 不織布 に微量の電荷を帯びる処理をされています。
この電荷により、微生物やホコリ等を吸い寄せ、吸着させるという役割があります。

もし、熱による、熱水・又は蒸気などで蒸すという行為を行うと、布として、人の見た目にはさほど違いはありませんが、この電荷が飛んでしまい、吸着の能力を失います。 完全にただの布…という状態です。
つまり、コットンのマスクと変わらない能力になるという事です。

また、 不織布 の素材の主な素材は、ポリプロピレンという樹脂によって構成されています。今は色々な素材で作られておりますが、基本樹脂系です。
樹脂なので熱に弱いですが、ポリプロピレンは比較的、耐熱に耐えれるようになっています。それでも、耐熱温度は、 100度~140度程度。 熱水の温度にもよりますが、当然沸騰した お湯の中にいれれば、組織は崩壊。もろくなる、または変形する。 などにより、もはやマスクとしての利用そのものが無意味なことになります。

アルコールにる消毒は可能か?

コロナウイルス対策として、75%以上のアルコールで消毒する事は有効とされています。
では、アルコールで利用後に消毒するのはありなのか?

残念ながら、これも難しいです。
そもそも、マスクの素材が、そこまでのアルコールに対して耐久力がありません。

アルコール等をペットボトル的なモノに入れると、溶解してしまいます。
故に、100均などのスプレーボトルなどにも入れる事はできません。
アルコール対応のポリエチレンで作られたボトルでなければなりません。

こんな感じでボトル部分はPE (ポリエチレン)となっていますよね。
低密度ポリエチレンは電気絶縁性、耐水性、耐薬品性、環境適性に優れるが耐熱性は乏しい。 という特性があります。

そして、問題がもう一つ。

素材に対して…という事もありますが、それ以上に、アルコールをマスクにかけても、届かないよぉ!
という事です。
一般マスクはともかくも、サージカルなどの上質マスクにおいては、耐水仕様になってるからです。
これが、外部から血や体液などが飛んできて守るための処置ですが、アルコールなんかをかけたら、その耐水処理も溶かしてしまう事になり、フィルターとしての効果を低下させることになるからです。

紫外線殺菌でならどうだ!

紫外線。特に UV-Cと言われる 短波紫外線です。
いわゆる宇宙腺と同じレベルの紫外線で、本来はオゾンによって地球は守られています。
しかしこれをダイレクトに受けると、焼けどや被ばくなど、ガン細胞の生成につながります。

ちなみに、私もこのUV-Cの照射機を持っています。
ただ、PCの天板の反射してきたものを見てしまうだけでも、目が やられます。
それくらい強力です。 90秒の照射で、その界隈の全ての生命を破壊する恐ろしい能力です。

で、この紫外線による殺菌ならどうなの?!と思う所です(実は私も考えました)
ダメですね

なぜなら、マスクを構成しているのが樹脂である限り、樹脂は 紫外線によりボロボロに崩壊します。
みなさんは、外に長時間置いてたプラスチック製品がボロボロになったの見たことないですか?
一般的な太陽光の紫外線ですら、樹脂というのは外に置いておくだけで、1年でボロボロになっていきます。
UV-Cの能力は、実に 太陽光の紫外線の 1600倍相当に及びます。
殺菌力がある反面、その破壊力も相当です。 マスクの構造分子も当然破壊されます。

結果どうなのか?

上記3つの方法を試した研究結果として、元々 濾過率95%あったモノが、熱処理して、紫外線処理した後は、60%以下の濾過率になったと研究があります。
これは、ガーゼやコットンのマスクと同等レベルという事です。
つまり、普通の 不織布 マスクでの再利用は現実的ではないという事になります。
正論を除いた所で、それはマスクの形をした、ガーゼ と思ってもらったらと思います。
それ覚悟で利用されるならいいのですが、なまじ、カタチを保っているだけに、大丈夫や!(´∀`) と希望的に捉えられるのも難ありかなと思います。

どうしたらいいのか?!

これは、あくまで私の推測です。
そして、決して推奨されるモノでもなければ、臨床試験結果がある訳でもない、全くの想像というイメージで読んでください。

不織布 マスクが そもそも樹脂だから再利用がなおのこと難しい。
なら、 不織布 じゃないマスクに切り替えるのが得策と考えてみる訳です。
しかしながら、布 等で自分でオリジナルで作るマスクも増えてきてはいますが、そのフィルタリング能力は決して高くありません。

そこで、手作りマスク。これは洗濯などで洗える、またはアルコール消毒等ができる素材である事で、かつそのマスクと、口との間に フィルタリングを追加すればいいのではないかという事です。
そこで、登場するのが、マスクフィルターの存在です。
これは、フィルタリングの 不織布 部分だけ販売されていて、主に手芸用品店なんかでも販売されています。
しかし、このご時世、やっぱり、マスクフィルターそのものが品薄状態です。

そこで次に考えられるのが、エアコンなどに利用するフィルターです。
エアコン用なので、人間用という訳ではないですが、結局の所、エアコンの風を吸っているので同じかと思うのですが、直接肌に触れていいのか…というのはわかりません。(試してないので)とはいえ、エアコン用フィルタも、同じ電荷をかけられ、PM2.5 クラスに対応したモノなら少なくとも、一般マスクと同等という事になります。

大事な電荷あるのがいいですね。
そして、エアコン用なので、面積もでかいのに安い!というのが大きい!
1枚ではなく、面積が大きいので畳んで層を作る事でより高いフィルタリングが可能…。
何より、コスパが大事

色々と、ネット上に コーヒーフィルターで作ったり、その方法がYoutubeなんかにもありますが…。
いや、コーヒーフィルターって、コーヒードバドバ落ちとるやん(笑) って思います。
キッチンペーパーとかね。

大事なのは、目の細かさもそうですが、電荷を持っているかどうかです。
電荷があるから、フィルタリング能力が大幅に向上する事になるので、最近のネットの内容を見ていると、形だけ、マスクっぽいという感じで、その辺の事について触れられてないので、ちょっと書かせて頂きました。

ちなみに、一般マスクは、普通に隙間(鼻の上とか、口の横とか…)ガバガバなので、正面のフィルタリングがキツければ、つまり吸い込む抵抗が大きければ大きい程、空気抵抗の少ない横から入ってきます。

私が転売されたマスクを絶対買わない理由

そして、メルカリや Amazonで転売されてる高額マスクですが・・。

私が一番気がかりなのは…

( ゚д゚ ) それ…なんの根拠があって、新品やと思ってる?

転売=新品と誰が定義してるの? 誰がそれを保証するの?

目に見えないモノをガードしてるのに、マスクなんて1日使ったって、余程汚れない限り、上からスチームアイロンしたら、ほぼ新品の様に形状が戻るのに。
仮に、汚れたって、上からキッチンハイターでもかけて漂白すれば、バレやしない。
袋だって、再圧着だってできるのに。

という事で、私はお金の問題云々より、医療用品を中古で買うなんて、絶対嫌ですけどね。
例えば、前の人が使った医療器具。
血や体液が付いたけど… キッチンペーパーで拭いといたから…
って道具で、自分が治療を受けるとなると、感染症も含め、とても恐ろしいです。


という事で、私なら新品のエアコンフィルタの方が余程信頼できますけどね。

関連キーワード
注目記事