夏のマスク事情

冬の間は、マスクをつけると暖かかった。。。でも、夏に向けて、熱くなってきた…というのは、今皆さんが感じている通りです。

これに伴い、ファンをカスタムしてやろうかとも考えました。
以前買った、完全密封型のマスクの排気口部分にファンを取り付ける事で、マスク内の温度をかなり軽減して涼しい感じにはなります。

これ ↓

とはいえ、それは、もう猛暑に耐えられず、時間が空いたらやるとしましょう。
少なくとも、どういうパーツ構成でできるかというのは、既に頭で描けているし、幾ら位でできるか、購入リストもあるので、いつでもできます。

それよりも、もっと手軽に『雑に扱える』という事が必要な日常では、ガチンコよりも気軽さが必要です。

現在の私のマスク事情は、普段から マスクの内側が唇に付くのがいやなので、インナーカップを取り付けています。
喋るのが仕事でもあるので、唇に 布が くっつくと、話せないので。

今なら、Amazonで5個入りで1000円弱で買えます。おススメです。
これだけでも、マスク内に空間ができ、しゃべれるし、涼しいです。

圧倒的に!!! ( ゚д゚ )

特に女性の型だと、口紅がつかなくていいんじゃないでしょうか。

しかし、それでも、市販の使い捨て三層マスクレベルであれば、スカスカだから、それでかなり涼しいんだろうけど、スポーツする人間にとって、紫外線対策&マスクという組み合わせは、もうある程度のフィルタリングを解除するしかない!

そこで、手に入れたのが UVカットフェイスマスク

ユニクロのエアリズムと同じ素材なので、触れてるだけで涼しいです。冷却素材というのはありがたいですね。これも1000円弱で買えるので、お顔の紫外線対策にはいいかなと思います。UPF50+ですから、これ1つで日焼け止めクリームを塗っているレベルのカットができますしね。

何より、これを手に入れたのは、紫外線云々よりも、個人的には これ1つでマスク付けた感を回りにアピールできる事(もちろんフィルタリング能力は皆無( ゚д゚ )) でも無いよりマシ。

これ単体だと、さすがに口にフィットしすぎて、苦しくなるので、中にインナーカップを入れるとすこぶる快適です。これだと運動中の顔の汗も直接 吸収しないから苦しくないし。さらに上からマスクという暴挙でも、まぁなんとか???変だけど。

この様に、コロ助を意識した中で、夏を迎えるというのは、小道具を利用する事で、快適性をアップデキる訳です。

さすがに、暑さの我慢の限界がきたら、マスク内に電動ファンを取り付けるという事をするかもしれないけど。とりあえず、これで夏&運動を過ごす予定です。

早く、マイバイクで 運動したいぃ~(‘A`)

注目記事