生徒さんのお話を聞いていると、そろそろ年賀状制作のシーズンというのを感じます。
今年はもう『鬼滅の刃』のブームで経済回してくれているので、当然年賀状のデザインも鬼滅の刃ネタで来るだろうというのは予想できるし、家族でコスプレとかの写真とか絶対やってる人いるわぁ( ゚д゚ ) と感じる今日この頃です。

私の中では、既に鬼滅の刃ブームは映画公開前には終わっており、今は Dr.Stone という漫画にはまっております( ゚д゚ ) 色々学ぶ事が多い久しぶりに、良いのに出会った感じです。
Amazon プライムでも絶賛放送中だよ

因みに 第一話はこれ。こんなアニメです

音楽も非常によくできていて。 実際のオペラ歌手が歌って収録していたり、非常に高品質な内容です。

いやいや、Dr.Stone の話ではなく。

年賀状の話なのですが、皆さんは年賀状いつもどこで作っているのかな。
年賀状はどこに一番コストが発生するのかというと、年賀状本体と、印刷代です。
こと、自宅のプリンターなんかでやれば、デザインによりますが、インク代だけでも1枚当たりのランニングコストは50円を超える事も普通にあります。

どこで、印刷するのなら、年賀状も含めて、データを送れば業務用プリンターで印刷してくれるプリントパックが安くておおススメです。

プリントパックのテンプレートをダウンロードして利用するのもOK 自分でIllustrator等でデザインしてやるのもOK

私も昔はよく、年賀状はプリントパックを利用しておりましたが、近年年賀状 というのがもう、いいかなという事で、昨年度から 年賀状を廃止して、ビデオログでご案内しております。

最近はLINEであけおめメールが多いですけどね。

なので、今年もそろそろ、年賀状ビデオを撮影しにいこうかなと思ったりしています。せっかくの年賀ビデオだからお正月感が出ればいいなと、これから撮影スポット考えます。

年賀状制作について、Illustratorの使い方。データの提出方法等、気軽に聞いて下さいね。

注目記事