有言実行な私。 生徒さんに勢いで

中型免許取ったらマイクロバスとか乗っていけるんじゃね?!

完全なる勢い( ゚д゚ )

そんな勢いで、もう間も無く、中型免許が取得できるレベルにまでなってきた今日この頃です。
数時間とはいえ、トラックを運転していると、やっぱり感じるモノがある…。

トラックから見たら、普通車って、ミニカーが並んでるみたい(´∀`)

一部から、トラック運転のゲーム等があるのは知っていたけれど、自分の中では何が楽しいのか分からなかったがリアルに運転する事を覚えると、そうあの感覚が忘れられない。

大型免許程ではないにしても、 SUVや8ナンバーに改造したハイルールのハイエースでは到底感じえない、大きな車体を振り回す面白さ。
前より、リアの内輪差を気にしながら運転してる感覚が面白い(個人的に)

そして、自分が乗ってわかってから、トラックのドライバーに敬意を払う様になる。
そして、すり抜けしたら、自分が吹っ飛ばされるというのを知るようになる。

最近、自転車の逆走とか本当に多くて危険だけど、もう自転車乗るなら車の免許取得させてからの方がいいんじゃないかと。そうすれば、事故も飛び出しもかなり少なくなるのに…と思う所です。

自転車と歩行者が一番交通マナー悪いからね。( ゚д゚ )


さて、この中型免許。勿論、トラックを運転できるというメリットはあるし。いわゆる4トントラックを運転できる訳だから、もうレンタカー借りてきて引越しだって一発で終わる。
芦屋校の引っ越しの時は、軽トラで何往復したか(´;ω;`)

無駄に乗りたくなる!! 

いすゞのトラックに‼

とはいえ、カーゴとしてというよりも、やはり一番ニーズ的に大きいのは、マイクロバスという事になる訳です。普通車であれば10人程度までですが、これのリミッターが29人までになる訳ですから、実用域で考えれば十分です。

よく遠足なんかで利用される大型バスで、だいたい50人位。あれの半分位とはいえ。
コロナ的に考えると、もうあんなギュウギュウに座るという事も無いでしょう。
それに電車で…とかも増えてきましたしね。

マイクロバスといえば、マイクロ感を感じえますが、箕面であれば、ゆずるバスが中型バスになります。

もちろん、客を乗せてその対価を得る…という運用するなら2種免許が必要ですが、大きさでいえば、こんな感じ。

今、マイクロバスは結構ホットで、二種が不要な自家用マイクロバスを各企業が自分の所の輸送専用に結構導入しています。
塾の輸送バスもそれですね。

自分の所に特化できるという事は、それなりの方向性にカスタムもデキやすいという事になります。
色んな人が乗る汎用性を捨てて、ラグジュアリーにもできるという事ですね。

なので

座席数を減らして、サービスに特化させたり、色んな社内カスタムができます。
こんなものを見ていると

無駄に自分のバスが欲しくなる!!( ゚д゚ )

こんなバスで生徒さんやその家族と色々お出かけできたらいいのにねぇ(´∀`)

とりあえず、もうちょっとで取得頑張るよ。

そして、中型免許の取得が目の前になると、なぜかフォークリフトの資格も取りたくなります。
なんなんでしょうか。これは一体…。

何を運びたいんだ…。私は一体…。

運転したいだけなんだよね。

注目記事