箕面校の看板づくり

問題の先延ばしは何も生まないね

スクールの装飾の殆どは、私が自分でパソコンで作って、それを外部に印刷なり作ってもらって、自分で施工するという『手作り感』満載なスクールです。
芦屋校もそうですね。

今回は、箕面校の窓に貼ってあるシールが、見るも無残な状態にまで年数劣化していました。
もっと早くキレイにすべきだったのですが、なにぶん2階で、外側からシールを張っているので、自分で手を出す事ができないという問題があり、窓のガラス事交換か? シールはがしたい…というとモンモンとしていました。

ちょっと自分でも珍しく問題の先延ばしをしてしまっていたというのがあります。
そして、それではいけないと、ネットで業者さん探しをしました。

看板の新規施工はどこでもやってくれるんですが、剥がし をやってくれる所はあまりなく。
新規で作るなら、、、今の剥がす。とか。

でも、次は、もう剥がすとか、そういう手間の無いのを自分で作るしなぁ・・・と、またも頓挫しそうになっていた所、『剥がし専門』『看板撤去専門』という大阪の業者さんを発見。

早速お見積りを取って、お願いしたら、翌日に施工! はやっ!

今回も、問題の先延ばしが何も生まないと、失敗の経験をしました( ;∀;)

さすがプロ‼

朝9時に待ち合わせという事で、9時前に出勤した訳ですが、到着したら、既に1/3の作業が終わっていました。
巨大な、まさに業務用って感じの コーナンPROに売ってそうな、スクレイパーで、バリバリはがされてました。

(´∀`) 8時についたので、先に作業はじめときました。また出来たらお声がけしますね。

うぉぉ!キレイになっていってる! 仕事はや!!!

それから、2時間程 11時頃には作業終了。
WEBには、一人で作業って事だったけど、二人で来てくれ、3時間で完結させてくれました。

初めて、桜井に来て、見た時のビルの様になりました。
太陽光が入る入る!!

もともとは、ガラス窓の裏側からカッティングシートを張っていたんですが、カッティングシートレベルでは反射がきつくて、まるで文字が見えなかったんです。
それで、外部からシールを張る事になった訳ですが…。

もぉ、ガラスに外からシール張らない…。 足がつかない所は絶対…。

自営の生徒さんも多いので、同じような問題をお抱えの方へ、今回の業者さんをご案内しときます。
仕事は早く、気さくな方です。看板業界・看板法令にも精通されてます。

やまもと工芸社 さん( https://www.yama-ad.net
本当は撤去専門って事じゃなくて、看板関係の全てに対応してるんですが、撤去だけでもしてくれます。
不動産のテナントだと、何かと店舗移転などで、現状回復義務がありますが、その時便利ですね。

次のデザインをどうするのか

こういう仕事の流れだと、大体次の準備ができてから、施工の日が近づいてきて・・と流れがあるんですが、今回は明日OK!と連絡があって全く準備ができてないので、今、HEARTSの看板らしきものは、入り口横の小さいのしかありません。

早期に次の看板の代わりになる物を用意する必要があります。

もう、剥がすとか考えなくていいもの。 塩ビシートに印刷してもらって、窓にはるか・・・。
看板というのは、野外に置かれるもの。 そして太陽の直撃と、劣化要因が山ほどあります。
使う素材についても、結構考える訳です。
とはいえ、中途半端なものだと、台風で飛んで行って、人にあたってはいけない。

色々考えた結果、窓の内側から、ターポリン生地(横断幕みたいなやつ)に印刷。突っ張り棒で、上下から固定しよう! これなら簡単に着脱可能だし、安価。
破棄するのも容易!

という事で、ターポリン生地の印刷で一番安い所、ネットで検索。
大体、印刷が安いのは東京が多い。

という事で、価格が一番安かったのと、自由が利くという事で、『SPEED PRINT』( http://speed-print.info/ )さんに決定

いつも使ってるプリントパックよりも安いかも…( ゚д゚ )

窓のサイズは、横幅84㎝× 高さ120㎝
とはいえ、窓の端っこは見えない。印刷しても、下のクリーニング屋さんの看板によって見えなくなる。
なので、80㎝×90㎝で問題ないと判断

という事は、窓1枚分 2600円で、フルカラー印刷が可能という事になる。
さらに、窓枠のサイズに合わせて作るという事は、窓枠というのは規格で決まってるから、どの枠にでもはめられる。入れ替えらえれるというメリットもある。

とりあえず、今回外した 4枚と、左側(教室の私の席の背面あたりの窓)+2枚とで6枚で考えると

2600円×6=15,600円 でかなりの装飾が可能という事になる。これはかなり安い方‼
さらに、突っ張り棒 の費用が乗るという感じ。

看板制作を外注すれば、こんな金額ではできない。
自分で色々できるって、ありがたい( ゚д゚ )

早速デザインする

デザインソフトを利用して、さっそくデザインをする。
本当は、色々入れたい所だけど、外部看板は、目に着ける事が目的。
だから、文字だけとか、絵だけとか、目に留まってもらう事が目的だから、●●を入れたい…な気持ちを押し殺して、シンプルにする。

作っては、合成して、どの距離感までなら文字が見えるのか。
どの、色の組み合わせなら認識できるのか…色々 調整して、最終的にこれになる。

という事で、それをPhotoshopを利用して、ビルと合成して、さらに完成度を上げた状態でシミレーション

  1. まず、綺麗ななった直後の写真を撮影して、ビルの傾き等を補正する。
  2. その上に、デザインしたデータをコピペで張り付ける。外にシールを張った場合だと、コピペした直後のような感じになるけれど、今回はガラスの内側に入れるので、ガラスが周りの景色を反射する事を考えないといけない。
  3. ガラスの反射した場合の画像を上にのせる

最終的な想定がこういう感じになる訳です。
勿論、現実はどうなるのかは、わからないけれど…。ガラスの反射がかなり邪魔だけど、致し方ない所です。

という事で、これから、入稿できるようにデータ作り、近日中に、こんな感じになります。
いま、何もないので、ちょっと貴重なシーズンかも

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

注目記事
おすすめの記事