『スマホで写真』カメラ撮影講座

『スマホで写真』カメラ撮影講座

皆さんが持っているスマートフォン。そのカメラ性能は日に日に高くなっており、プロ用の器材に近いレベルにまでになってきました。
プロ用の器材だと10万~100万~…とキリがありませんが、それに近い事はお手持ちのスマートフォンでも再現できます。

LINE・Facebook・Instagramをはじめとした、SNSを利用して共有したり、自分や家族の思い出作りに写真・動画関係なく、スマートフォンのカメラを活用する講座です

講師は、色々な撮影現場で業務用に撮影をしてきました。
業務として撮影する。それを見るクライアントが納得できる撮影というのは、ただ綺麗に撮影すれば良いというモノではありません。

写真を撮影するという事が、どういう事なのかを含め、お金をかけずに『プロっぽく』撮影する技術を学びます。

スマホカメラと一眼レフカメラとは目的が違う

一眼レフカメラは、撮影の幅が非常に広く、高い表現力を持っています。しかし、持ち歩くという事では非常に荷物にもなりますし、常に持ち歩くという訳にはいきません。
講師は、一眼レフカメラ・一眼レフビデオもありますが、撮影する物が決まっており、●●を撮影したい!という場合は、一眼レフをもって行きます。

逆にスマホの場合は、そのコンパクトさがあります。常に充電されており、持ち歩きされており、撮影したいと思った時に、撮影できる利便性があります。
しかし、ズームもできないので、自分が被写体に寄って行かなくてはなりません。

そうした、それぞれのメリット・デメリットを理解して、活用いただける様に授業を行っています。

撮影サンプル

講師が、外出時にたまたま『きれいだなぁ』という景色などを、手持ちのスマートフォンで撮影した物です。シャッターチャンスは突然出会います。
だからこそ、いつも持ち歩いてるスマートフォンのカメラが生きてきます。


スマホを普段持っている状態は、『縦』ですが、写真でもビデオでも撮影の基本は『横』です。
しかし、縦だからこそ表現できる事があります。

縦にする事で、空のグラデーションを捉えられる
海面・空の中・少しの対比物(船)に被写体を入れる事で、カモメの飛行してる距離感がわかる

通常の横撮影の場合は、横広がりになるので、それを有効に利用します。
一般的に多様する『三分割法』『S字構造』など構図についても学びます。

地平線をカメラ中央に持ってくる事で、空と海の対比を表現できる
肉眼では真っ暗でも、シャッタースピードを変ええる事で見える景色もある
躍動感を表現したい時は、動きが最も大きくなっている瞬間を撮影する
単に机の上に置いたチェス盤から、カラーをあえて白黒にするだけで、チェス駒の雰囲気が伝わる

小道具を活用する

カメラ単体で工夫すれば、上手に撮影もできますが、さらに美しく、綺麗に撮影しようと思うと、小道具を活用するというのも1つの方法です。
比較的安価な値段で、小道具がも販売さてていますので、そのようなモノを活用する、実際に使ってみて撮影する等も授業で行います。