仕事で必要な事はドラクエ3で学んだ

私は基本的にグウタラな性格です。
ただ、自分を律して行動としては、あまりダラダラしません

何よりアクティブな遊びが好きです。 ゲームも好きです。
人のあまりやらない事をするのも好きです。

至って、普通のどこにでもいる アラフォーです

アラフォー!!(‘A`)

気持ちはSeventeen (´・ω・`)

さて、みなさんは 『ドラゴンクエストⅢ』ってゲームご存知でしょうか。
昔は、社会現象になっていた程で、その後続のバージョンですら発売日には号外が出る程でした。


今現在もなお、ちびっ子達に愛されるゲームの1つです。
媒体が ファミリーコンピューター から、スマホやPS4とかに変わった位で・・・。

さて、なぜこの 『ドラゴンクエストⅢ(以下ドラクエ3)』の話をしようかと思ったのかと言うと・・・。

私の言いたい事の例えに、丁度分かりやすいかな・・・と思ったからなんですが、ドラクエを知らない人には分かりにくいかと思って封印してた小話なんです。

それをあえて、読み手の感情によって捉え方が変わってしまう文字であるBlogで再現する暴挙(‘A`)  お付き合い下さいませ。

 

私はドラクエ3というゲーム。もう何度となくクリアしてきました。
ただ、私の遊び方は ゲームをクリアするという事が目的では無く、そこから学ぶ事が多かったので、繰り返し行っていました。

実際、仕事中だけでも 3回以上は このロールプレイングをクリアしてしまってます。
最短ルートでクリアする事が目的なら、数時間で終わりますが、じっくり考えてやれば、20時間以上はゆうにかかります。

仕事中に遊びすぎやろ( ゚д゚ )

 

まぁ、そう言われてしまえば、そうなのですが、正直な所、わざわざ 大阪市内や東京まで出張で新幹線乗って研修受けて、ビジホに泊まって帰ってこれば、なんか仕事した感は感じられますが、そんな研修より遥かに多くの大切な事を短時間で学べ、机上論以上に自分の感情と向き合い、実践(トライ&エラー)できるという意味では有意義な研修と捉えておりました。

 

ドラクエを知らない人の為に凄く簡単に申し上げますと・・・

魔王に苦しめられている世界があって、そこに生まれた子どもが16歳になった事から旅をして魔王を倒すまでのストーリーです。
その途中で、様々な経験・恋愛・苦悩・仲間・生き別れた父との再会・・と色々とイベントがございまして平和な世界にする・・・という事です。

このⅢというのが、特に私が好きな理由は、現実のリアルな世界に1番近いという事です。
例えばキャラクターは、ある程度の経験をこなしていくと、転職できる。

主人公(勇者)以外は様々な職業の仲間を連れて行く事ができます。
それぞれに個性やクセがあり、またその職業でずっと・・・ではなく、必要に応じて前の経験を持ちながら新しい職業へ転職できます。

リアルな世界と同じですね。

他にも色々と現実世界に酷似した内容が多いのですが、ドラクエの概要ばかり話していても仕方ないので本題に入ります。
何となくドラゴンクエストというゲームが何か想像して頂けたかと思います。

それを前提にお話しをします。

ドラクエの世界には戦う為に必要な 大きく分けると4つの要素があります。

・武器
・防具
・魔法
・道具

です。今回は、上3つ(武器・防具・魔法)についてお話しします。

■武器

学歴・資格は非常に重要視されますし、それを補うように 資格には、独占業務 と言うものがあります。
その資格を持っていないと行ってはいけない・・・というものですね。

例えば、医者は、医師免許が無ければ他人の身体に手を入れる事ができません。
宅建も、事務所に配置する人数や、契約時に自分が宅建士である事を示して契約手続きを行わなければ宅建業法違反となります。

こうした国家資格というのは 『独占業務』が付与される事によって、その資格を持つ必要性があります。

検定 と呼ばれる物は、独占業務が無く、自分のスキルを第三者機関を通じて表明する事です。

現実世界の仕事では、こうした資格というというのは、ドラクエで例えると『武器』になります。
資格=武器 そう一般的にも言われますよね。

社会を行きぬく為に必要な武器の1つです。

この 武器 という事に、良く目が行きがちですが、私が言いたいのは、武器だけあったって、戦えないだろ?って事なんです。

武器というのは、それ相応の体力や経験があってこそ、振り回す事も有効に活用する事もできます。
ヌンチャクだって、素人が振り回せば、自分の顔面をヒットしてしまいます。

武器を振り回せる(有用に活用できる)基礎 体力。
資格であれば、資格だけでなく、その周りの全体の知識が無ければ、ただ資格を取りましたじゃ意味がありません。

また、武器はメンテナンスを必要とします。道具の1つです。
それは、物質的な物としての道具と、知識という見えない物でも同じです。
資格だけを取得して、その後、メンテナンスを怠れば知識は役立たなく古い物になります。
ペーパードライバーと同じです。
日々仕事で使う道具も当然にメンテナンスが必要です。
美容師の使う挟みは、一般に売られているハサミよりも、何倍ものメンテナンスにお金をかけて居ます。
ハサミで食べて行く。だからメンテナンスも怠らないし、技術向上に常に勉強し続ける。
美容師資格だけでとどまりませんよね。

『鬼に金棒』と言いますが、鬼 だから 金棒 が有効に活用されるんです。
これが、ヒョロヒョロの鬼 だったら、金棒を持ち上げる事すらできません。

子どもに 必要以上にお金だけ出して学校に活かせて、無理くり卒業させる。
これも、基礎体力がないのに、とりあえず武器だけ持たせて社会に出す状態です。

そんな状態で社会に出たって通用するはずないですよね。本人が変わらない限り・・・。

■防具

パソコンでインターネットをするのなら、セキュリティーソフトを入れますよね。
特にWindowsの場合は必須です。

この様に、自分は求めなくとも外部から攻撃される事は日常茶飯事です。
現在、日本でも、10秒に1人がハッキングを受けている計算になります。
世界で見ると、1秒間に12人がハッキングを受けています。

これはパソコンだけでなく、Iot機器。 スマホのカメラの乗っ取り~大企業への情報漏えいまで多種多様です。

目に見えないから、危機感を感じない・・・というのが1番恐ろしい事です。

仕事に置いて、目に見える危機とあります。

それは『人』です。

職場での人間関係、クライアントとの折衝・交渉、決済権を持つ人間からの反対意見

これらも、あなた自身でなくとも、あなたの売る商品、あなたの提案した企画・・・・それらに対しての反対意見というのは、抵抗勢力と思って下さい。

ルパンⅢ世に出てくる、五右衛門 なら、ピストルの弾も 武器1つで弾いてしまう程の技術もあるでしょうが、一般人には中々難しい。

 

ですから、そうした反対意見から、身を守る為の防具というのが必要です。

営業職の人間なら、誰もが必要とされる、かわす技術。
さらに向こうからの攻撃を方向性を変えて、相手に飛ばす話法・・・様々なあります。

こうした技術を上げる事で、自分に降りかかる火の子から守る事ができます。
もし、メンタルが弱い人なら、こういう技術は特に必要です。
攻撃する前に、やられてしまってはチャンスすらなくなってしまいます。

ドラクエの世界では、これを『防具』と言います。
防具にも色々と種類があり、武器同様に、それを手に入れるには、それに順じた コストが発生します。
これは、学んだり・学習したり、セミナーや研修受けたり・・・色々あると思いますが、自分に投資するという事です。

自分に価値があると思うのなら、是非 自分自身に投資してください。
それこそが、無知で、株や不動産に投資するより、遥かに高い ローリスク・ハイリターン になります。

私が、教育に力を入れるのは、 1番 ローリスク・ハイリターンだからです。
もし、そうでないのなら、私は教育なんてジャンルに何の未練もありません。

■魔法

魔法というのは、ハリーポッターでもでてくるから、みなさん想像しやすいですよね。
火の魔法・氷の魔法・防御の魔法・治療の魔法・・・

魔法というのは、自分以外の力が動くという事になります。

これを現実世界でいえば、 自分の周りの人の力です。

魔法力を身に付ける・高める・・・というのは、リアルで言えば 人脈を広げるという事です。

自分にはできない事でも、魔法を使うことで、可能になります。

魔法も、例えば攻撃系だけ、リアルで言えば、同じ業種の人たちだけの人脈では、その分野には強くなるでしょうが、それ以外の事態が発生した時対応できません。
俗にいう、つぶしが 利かない・・・ という事ですね。

人脈を形成するなら、多種多様の異業種がある事で、様々なリスク回避が可能です。

私はHEARTSにくる生徒さんの職業やお仕事の話を聞くのが、結構好きで授業中でも話してしまう事があります。
授業の邪魔にならない程度に・・・。
私の知らない業界の話を沢山してくれるので、私自身も非常に勉強になります。

自分には関係ない、興味が無い・・・
こういうのは自分自身の可能性を非常に狭め、見える世界があまりに小さすぎるので、余計に世界がつまらなく感じます。

何より世界が小さすぎて、会話が成立しません。

このワールドは、結構広いです。
人生を最大限あてても、たかだか80年程度の寿命では、一部しか分かりません。
もっと、もっと 世界中の人とお話するのがおススメです。

幸い、 自分が経験できない事、経験するのに時間をかけてられない事を、世界の冒険者たちが 『本』という巻物で残してくれています。
他人の経験と知識を、数千円で、短時間で 得られるアイテム。
そんな『本』を使わない理由はありません。

だから 『本読まない』っていう人の気持ちがわかんない( ゚д゚ )

私にとっては、本は この世界の 攻略本みたいな モノですから、1番安くて手っ取り早いのに(`・ω・´) って思うんですが・・・。

この巻物も、全てが全て優秀な書 という訳ではないので、経験していくと、パラパラと立ち読みで流すだけで良いか悪いかは見えてきます。
自分に投資するだけの価値のある書かどうかという事ですね。

物語に出てくる、巻物は まさに 現代の 書籍 そのもの。
そこに書かれているのは、他人が経験した内容と、得られた知識を体系的にまとめられている。

 

と、ざっくり、武器・防具・魔法について書いてきました。

ドラクエで学べるのはこれだけではありません。
例えば、組織運営についても学べます。

ドラクエ3は、通常 4人のパーティー(チーム)で行動します。
職場でも、どこかの 事業部や 部署に所属しているのであれば、その職場の仲間・・・というのがチームという事になる訳ですね。

チームにとって1番大切な事って何か分かりますか?

スキルでしょうか? 人間関係でしょうか?

なんだと思います?

 

私が思う、1番 チームで動く場合に必要な事。

それは『共通目標』です。

この共通目標が、どこまで深く 刻み込まれているか・・・というのが大事です。

よく職場であるのは・・・

( ゚д゚ ) 今月の目標は●●や~  とか

(`・ω・´) 今週は○○月間。みなさん○○してください。

とか。

そういう、上辺の目標では意味がありません。
逆にやらないほうがいい。

こういうのを受け取ると、大体 背景事情を知らない末端の人間はこう思うんです。

( ゚д゚ ) どうせ上層部の思いつきだろ。また

こういう事になるくらいなら、やらない方がいい。

実際問題、側にいてても

(‘A`) それ完全に思いつきやろ・・・

で事もありますけれども・・・。

きっちりと 計算されてる経営者は、そんな思いつきで落としません。
きっちり理由があります。

大変なのは、その 意思 をどこまで、端から端まで深く根付かせるかです。

身体でも、指の先まで 血液が行かなければ、壊死してしまいます。
組織を運用するのに必要な事は、末端まで 行き渡らせる事です。

それでこそ、健全にいられます。

ドラクエⅢの場合は、最後のボス 魔王を倒す・・・という事がこの全員の共通意識です。
だから、戦闘中に1人逃げて行くなんて事はありません。

共通目標・共通意識が根付いているからこそ、自己を犠牲にしてでも、パーティーを守るというのが普通の事としてなりえます。

職場内で、1人だけ目立ちたいのも居ます。 自分勝手なのもいます。
それらを統括する部所長 ・リーダーの仕事というのは、自分の昇進に目が眩んでるような人間ではなく

チーム全体が進むべき未来を提示して、共通意識を根付かせること。

私はこう定義しています。
とはいえ、全員が全員、全力でフォローしたって、そもそもの素材として根性腐ってるのもいます。
ボランティアではありませんから、そういう場合は去って頂きます。
なぜなら、目標をクリアする為に結成したチームですから。

 

この様に、ゲーム と一言でくくってしまうと、世代によっては、それはただ遊んでるだけにしかみえません。

うちの子はゲームばかりで遊んでいる。

でも、ゲームから多くを学ぶ事があるのも事実です。
何もペンと教科書が最高位という訳ではありません。

( ゚д゚ ) じゃぁゲームさせとけばいいのか?!勉強させんと!

と、短期的な視野しか持たない人は、そう言うかもしれません。

 

なので、最後に 遊びでのゲームと学んでいるゲームの違いを見分ける方法を伝授して終わります。

 

その見分けるポイントは・・・

『同じ事を繰り返している』です。

 

学問から学ぶ子は、問題集を繰り返し解きます。そこからパターンや解き方を学びます。
ゲームも同じで、1つのゲームを1度やって終わり・・・の子は、そのゲームの快楽性だけを楽しんで終わるパターンが多いように思います。
同じゲームを何度もやる。そこからパターンや考え方を学ぶ。

そのパターンは、ゲーム内だけでなく、実社会に役立つパターンです。
それれは学校で学ぶ5科目や、教科書を使う学問と同じです。

絵が好きな子は、同じ様な絵を描きます。
好きレベルなら、何度か書いて終わります。自分が満足して終わり。
でも、プロの領域に入っているかどうかというのは、その繰り返しの量が根本的に違います。

昔々、仏陀(ブッダ)は、雲の動き1つで 色即是空を説明しました。
私にはそこまでのトークの能力はありませんが、雲1つで人生を学ぶ事ができるのでえあれば、多様性に満ちたゲームでも、遊びでも、人生の教訓として学ぶ事は多彩にあります。

※色即是空(=簡単に言うと、不変のモノなどない。存在してる様であり無である事)

 

お子さんが居る方は、子どもの行動に対して、自分の価値観で、この子はどう・・・とか、 あの子はああだから・・・ と
一方的な決め付けと、30年・40年前の自分の育った価値観を教え付けるんじゃなくて

親 という漢字の通り、 木の上に立ち 見守る という言葉通り、褒めて・愛して・見守ってあげてくださいね。

 

という事で、社会に必要な事は ドラクエで学べる!  という小話を文字に起こして見ました(笑

関連記事

  1. 子どもの事を思うと、やっぱりプログラミングはやった方が良い。…

  2. 女性に思う事

  3. システム手帳をデジタル化

  4. デジタルって何? 2進法って何

  5. 当たり前なのに、多くの人が考えないキャリアの事

  6. WORDに常に表示される行の連番を表示する

大阪北部を中心に色々な方面からお越しです。

梅田/中津/十三/三国/庄内/服部/曽根/岡町/豊中/蛍池/石橋/池田/川西能勢口/雲雀丘花屋敷/山本/中山寺/売布神社/清荒神/宝塚/箕面/牧落/桜井/千里中央/北千里/大阪空港/蛍池/柴原/少路/千里中央/山田/万博記念公園/宇野辺/南茨木/沢良宜/摂津/南摂津/大日/門真市/天神橋筋六丁目/柴島/淡路/下新庄/吹田/豊津/関大前/千里山/南千里/山田/北千里/江坂/東三国/新大阪/西中島南方/中津/梅田/淀屋橋/本町/天王寺/千里中央/桃山台/緑地公園/江坂/東大阪/大東/守口/寝屋川/門真