教えるスピード下げすぎないのには理由があります

HEARTSの授業では、ホワイトボードにも理論や仕組みを説明して解説する。
ノートも配布して知識をまとめてもらう。

色んな工夫はしていますが、それでも 生徒さんから
(;゚Д゚) あぁぁ〜!
(;´A`) う〜ん イジワルゥ〜!

と言われる事があります。それは。

1.操作方法を説明した答えを残さないから

2.操作方法のスピードを思いっきり下げないから。(初めての人には早く感じる)

という2つです。
もちろん、もう何十年と教育業してるんだから、そんな事は、言わずとも知っています。
一見して、初めて習う事なんだから、答えを残しておいた方がいいじゃないか・・・と思うでしょう?
スピードをもっとゆっくりして、ゆっくり説明したらいいじゃない!って思うでしょう?

でも、そうしてしまうと、頭に入らないからやらないのです。

概ねその瞬間はやった、できた気分は味わえますが、眼の前の線路(スクール前の踏切があるので、そこを超えたら)を越えたら忘れれるよね!って良く言います。

人間は考える生き物です。
ほらっ、有名な言葉で『人間とは考える葦である』ってあるでしょう?

フランスの数学者・物理学者である『パスカル』の書物に書かれていた言葉です。
気圧の単位を『ヘクトパスカル』っていうでしょう?
この人の名前が語源なんです。

で、人間は考える葦。
つまり『考える』という事と『失敗』の組み合わせがなければなりません。

そして、勉強するというのは、真っ白なキャンバスにペンキを塗る行為そのものだと思ってください。

一度塗りでは、まばらですよね。
キレイに塗ろうと思えば、二度塗り、三度塗りすることで、より強固になり
よりキレイに塗ることができます。

車のワックスも同じですね。

また、時間が経過するとペンキも剥げていきます。
太陽の紫外線に当たり続ければ変色していきます。

勉強も同じです。
同じ知識、学んだ事を何度も何度も塗り重ねる事で知識というのは定着していきます。
また、時間が立てば当然、得た知識は薄まっていきます。
だから、定期的に思い出すという作業が必要となります。

一度その時、それこそ教室でわかったから、私は解った!
というのはとんでもない話です。

私自身も、そんな覚えられるなんて自信全くありません。
何度も繰り返し、忘れるタイミング。
数分後・数時間後・数日後にまた同じ事を繰り返すアウトプットをしてます。

東大生の勉強方法を見てても、色んな勉強方法みてても、やっぱり
何度も何度も、繰り返してアウトプットするのが一番弱点を把握して知識を定着するのに
有効な方法なんですね。

だから、解りました!って元気よく言っても (;´∀`) 信じて上げられなくてごめんね。

とにかく繰り返す。です。アウトプットを。
そして、自分の弱点を把握してそれを考える。

この組み合わせが短時間に知識を定着する方法です。

先に言っておきますけど。私は大の面倒くさがり。
その面倒くさがりが、極力無駄なく、手を抜いて結果を得る方法を
提供しているのがHEARTSの方法です。
操作方法1つとっても。

そんな人間が、短時間に知識を定着させる為にやってる勉強方法。

それが
より早く・より多く 失敗をして
補正した知識を何度も上書きする。

という事です。
これ以上に早く キレイに知識を定着する方法があったら是非教えてください!
それは、新しいペンキの塗り方として、実用新案として 経産省の特許庁に提出しますから!

初めての事。
それは、真っ白のキャンバスです。
そこに、色んな色に塗る事ができます。

色んな知識。 色んな色があれば、あるほど。
それが描く世界は様々です。
色んな知識が融合する事で、ひらめきや想像力が生まれてきます。

だから、色んな色を 塗って あなた自身のキャンバスに素敵な世界を描いてください。

黒しか扱えない世界より、フルカラーの世界の方が世界が美しいでしょう?
狭い教養しかなければ、扱える色が少ないですが、幅広く、深い教養があれば、同じ物事も
より鮮明により美しく物事を見る事ができます。

教養が無い人と話していて疲れる。悲観的にしか物事を考えられない人と居ると疲れるのは
言葉から発せられる世界観が、ドンよりしているし、美しくもないからです。

どうせ同じ時間を過ごすなら、色鮮やかな素敵な世界で暮らしたい。その世界を知りたい。
これが私が勉強する理由の1つでもあります。

少し話がずれてしまいましたが、面倒くさい人こそ
早く失敗してください。 失敗して、考えてどうやったらうまくいくか。
失敗を繰り返してそれを自分で考えた人が、本当に自分の知識として定着します。

答えを与えられて、それを自分のものだと思っている人は永遠に学べません。

なので、HEARTSでは、私が出した答えは 説明した後は、直ぐに消してしまう。
また、早く失敗して、より多く繰り返す為に、比較的解説スピードは落としていますが、落としすぎない。
繰り返して、自分の駄目だったところを素直に認め、純粋にどこが間違っていたのは客観的に考える。

教えられた記憶を思い出しながら、自分で実際に操作する、操作しながら、上手くできたか、出来なかった所が明確になっていき、答えを出す。そして、それを後から見てわかるようにキチンと、誰が見てもわかるようにノートに書く。

ノートに書くのは、忘れそうになった時に、再びアウトプットする為に必要になる、自分専用の参考書です。
・失敗
・自分で経験
・繰り返しアウトプット
・誰が見ても解る様にノートに記載

これだけです。
決して、ドSだからって
イジワルしているのではありませんよ(=゚ω゚)ノ

関連記事

  1. 気分は管制官?いや世界征服?

  2. 教科書が解りにくいから勉強嫌いになる

  3. 言葉の壁をなくす。通訳デバイス「ポケトーク」

  4. 算数が苦手!計算が苦手!そんな大人にこそ見て欲しい!!

  5. 間違いを消さない

  6. 子どもの事を思うと、やっぱりプログラミングはやった方が良い。…

大阪北部を中心に色々な方面からお越しです。

梅田/中津/十三/三国/庄内/服部/曽根/岡町/豊中/蛍池/石橋/池田/川西能勢口/雲雀丘花屋敷/山本/中山寺/売布神社/清荒神/宝塚/箕面/牧落/桜井/千里中央/北千里/大阪空港/蛍池/柴原/少路/千里中央/山田/万博記念公園/宇野辺/南茨木/沢良宜/摂津/南摂津/大日/門真市/天神橋筋六丁目/柴島/淡路/下新庄/吹田/豊津/関大前/千里山/南千里/山田/北千里/江坂/東三国/新大阪/西中島南方/中津/梅田/淀屋橋/本町/天王寺/千里中央/桃山台/緑地公園/江坂/東大阪/大東/守口/寝屋川/門真