HEARTS誕生物語

あけましておめでとうございます。

新年が明けて授業が始まり始めました。
長期間の休みは、身体を動かし始めるのが辛いので、私としてはワクワクはしますが、あまり長期間休暇というのは、ちょっとシンドイです。
なので、ギリギリまで仕事をし、早々に仕事をしていました。
この年始の時に、新しいHEARTSのサイトを作る中で、HEARTSと私の自己紹介的な内容を書いていた原文があるので、今日はその原文のまんまご紹介します。校正前だから、誤字脱字・文脈オカシイ所多数です。
何より、みかんを食べながらコタツに入って寝転んで打ってましたので(‘A`)

HEARTSに在学中の生徒さんにもあまり話す事は無かったですが、どういう思いでHEARTSができたのか、ちょっと知って貰えると嬉しいです。

 

私はよく先生業であるが故に、生徒さんから『先生は頭が良いから!』『最初からデキる人だったんだ』・・・なんて言われる事があります。もちろん、言われて嫌な気にはなりませんし、そう思って頂けたのは嬉しい限りです。が・・・。

私はそもそも、勉強が大嫌いで、遊ぶ事が最優先という学生時代を送っており、中学生になっても勉強は殆どせず、あまりにやる気が無いので、中間や期末テストなんかも鉛筆を転がして決めていたという感じ。 全科目 赤点 なんてのは珍しくもなく。夏休みは ほぼ補講という具合。
そんな学生時代を送ってなお、就職してからは、会社の中枢におり、今なお、スクールとは別に外部会社を支援して、企画・人事・営業・法務と総合的なコンサルタントをしているのですから、不思議ですよね。でも、これ誰でもできる事なんです。私ですらデキたのだから、逆に誰でもできるんです。
なので、決して『最初からデキた人』とは思わないでくださいね。そんな人間の過去~現在までご紹介します

パソコンとの出会い

私が初めてパソコンを学ぶきっかけとなったのは、私が20歳 自動車営業マン時代に遡ります。当時はまだワープロ専用機の全盛期。パソコンもWindows95が出る前の、Windows3.1というのが主流の時代でした。
当時 私は 全メーカーを取扱う自動車店の営業部に所属していました。
車の営業というのは、お客様から度重なる値引きの交渉が多くあり、自動車には本体価格以外に、自動車税・重量税・保険…と様々な、本体以外の価格が乗ってきます。これらが値引ければ良いのですが、当然その様な事が出来る訳も無く、本体価格から値引きする必要が出てきます。本体価格が下がれば、それに伴い税金も変動してきます。
しかし、お客様はトータルの金額から判断されますので、交渉する中で、元値の逆算が非常に面倒ではありました。当時は電卓で毎回計算する事になるからです。

そこで、Windows95が発売されたのをきっかけに自腹でパソコンを買い、独学でExcel(表計算ソフト)を学び、お客様が希望される金額を入力すると、該当月から排気量に掛かる自動車税を引っ張ってきて自動的に逆算して、瞬時に判断が決断できる仕組みを作りました。
これでお客様に瞬時に価格を提供でき、営業的にも お客様の購買熱があるうちにお客様の決断ができるようになり非常に効果的だと思いました。

しかし、パソコンとはまだ一部のマニアな人のための物。遊び道具…という印象が非常に根深かった時代。パソコンを使う人=オタク と言われていました。今では考えられませんが、その様な時に 販売の先頭にいる営業がそれを使って仕事をするなんて想像できない時代です。当然周りからも、上司からも認められる事はありませんでした。
ただ、効率よく仕事をしたかっただけなのですが、その変化に周りがついてこられませんでした。
これを機に『変化に対応できない人や組織は崩壊する』という事で、退職し せっかく高いお金を出して買ったパソコンなので、勉強する方向性で進み始めました。
ダーウィンの進化論でもありますよね。『大切なのは、強さでは無く、変化に対応できる事』とあるように。
ちなみに当時のパソコンは、今のスマホの何倍も低い性能ですが、35万円位しました。

パソコンを学びインストラクターへ

パソコンを勉強しに学校へ通う事になった私は、そこでWordとExcelだけ学びました。というよりも当時はそれ位しか科目がなかったのです。
時代は、パソコンが爆発的に職場に導入されるようになる変化が激しい時。これまでワープロだったのがWordや一太郎 というワープロソフトにとって変わって行きました。それを教える講師も圧倒的に不足していたので、折角だから先生になろうと思いました。

大人になってから、母校に立ち寄る事があり、当時の担任だった先生にパソコンの講師になるんだ…という話をした時に、次の事を言われたのを今でも忘れていません。

『教えるのと知っているでは、10倍以上の知識と経験に違いがあるから日々勉強だぞ』と職員室の前で言われました。今それを非常に実感しています。

幸いにも私の性格的に善しも悪しも全体を把握したい性分だったので、ただ『正しい操作方法』をマスターした後、逆にどの様に無理をしても、同じ結果が得られるのか? どこまでしたらエラーで動いてくれないのか…。その境界線というか、ソフトの限界点のような物を感覚で覚えていきました。
対人間の場合は同じ過ちを何度も繰り返されたら怒られますが、コンピューター相手だと何回トライしても怒られないし、同じプロセスを通れば、何回でも同じ結果を得る。別のプロセスを通れば、別の結果を得る。何回でも…。この合理的といいますか、気持ち良い位 いさぎ良いPCのおかげで、あえて何度も失敗して学びました。
他の人より学ぶ項目は圧倒的に多いですが、より早く小さな失敗をする事で、他のパソコンを学ぶ生徒達より圧倒な情報量と経験を手に入れる事ができました。

『成功とは失敗の先にある』や『諦めたらそれが失敗』等 過去の偉人たちが残した言葉が多くありますが、それを体感的に学んでいました。

既にパソコンインストラクターを超える知識を得て、在学途中で既に学ぶ事がなくなり通学する理由すらなくなりましたが念のため普通に卒業し、晴れてパソコンインストラクターとしてのスキルを得た…という事になります。

パソコンスクールを卒業後、大学生にパソコンを教える講師として就職し勤務しはじめました。
大学生は資格を取得する事で就職に有利になる…その為にもパソコンを学ぶ・・という事で学んでいましたが、当時 その学校で大学生に教えていたのは、パソコンのスキルというよりも、机上論としての情報処理技術 のような資格でした。
資格取得後の生徒ですら、私が出した簡単なExcelの問題を解けないという事態を知って、これでは実社会で何の役にも立たない。学生の事を思えば即戦力で職場で使える技術が無ければ意味がない…と考えた私は、生徒たちに現場で使えるスキルの使い方を教えました。

しかし、その後上司に呼び出されてミーティングとなり怒られる事になります。

学校としては、資格の合格率を高める事が最優先だし、それが広告となる。
だから、実際にソフトが使えるとか使えないとかどうでも良い。
資格の合格率を上げることに専念しなさい。

あまりに衝撃的な上司の言葉に ビックリしました。
毎日 楽しそうに 笑顔でやってくる大学生の笑顔が走馬灯の様に流れました。

『山下先生の授業は楽しい!』
『失敗する事を推奨してくれるし、何かあっても助けてくれるから安心して勉強できる』

そんな沢山の可愛い生徒たち。今はまだ学生だから良いかもしれないけれど、その後、就職した後に実際に使えない事で泣きを見るのは目に見えている…。
なのに助けてあげられない…。

そんなもどかしさの中、数ヶ月 働きました。
授業としては教えられないけれど、資料は作ってあげられると、WordやExcelの資料を毎日
生徒達が帰ってから、ビルが閉鎖するギリギリの時間・終電の時間まで制作し、それが一段落した後、これ以上、生徒に無いものに夢を描かせて嘘は付けないと、会社を辞めました。

自分の理想のパソコンスクールを作りたい

これからパソコンが必須なのは当たり前。なのにちゃんと教えてあげられない。そんな煮え切らない思いを持ちながら転職する事になります。もうこんな事なら先生しなくて良いかもとすら思いました。
そんな時、これからパソコンスクールを立ち上げるのでオープニングスタッフ(講師)募集の求人広告を見て、これなら自分の思ったスクールを作れると思いました。
オープニングスタッフなら、色々な決定権に口を出せるからです。
早速面接を受けに行き、講師としての実技テストが行われ即日採用されました。

オープニングスタッフだったので時間割の構成〜授業構成・利用テキスト何もかもが最初から考えて決定する事になるので、私にはワクワクの日々でした。また連日連夜 終電で変える日々でしたし、帰って寝るのも億劫な位で仕事に没頭しました。上司にも早く帰れとよく言われたモノで自社ビルだったのを良いことによく一人ビルに残って徹夜で仕事をしました。
他部署の人間が間違ってセキュリティーを掛けて帰ってセコムが警察を連れてきて身分証明した回数も結構な数です。

そんなやりたい様にやらせてもらい、仕事に没頭できたおかげで全くゼロの状態からスクールは無事開校。安定して運営できるようになりました。

パソコン講師からマーケティングへ

パソコン講師として、生徒にも喜ばれ、実益として役立って貰い、転職できた!や凄く職場で役立ってる!というお声を聞き私も講師として気持ちとして一段落ついた頃。
教える範囲については、繰り返し教えながら学ぶので、知識の深みは付いて行きますが、広く学ぶ事ができない為、当時通勤時間中に マーケティングや営業の勉強をしていました。
折角の知識も活用しなければ意味がありませんが、パソコンスクール講師としては教室の事で一杯で他業種の事ができませんでした。
そこで上司に相談し、スクール時間を減らし、他部署へ遊びに行く時間を作ってもらいました。英会話・営業部・旅行・リゾート・総務…。社内で関係する様々な部署へ出向きその現場で困難となっている問題などを自分も仕事を手伝いながら観察し要望を聞き、色々な課題に取り組むようになりました。
そこで、また全く異ジャンルの社外の業者とやり取りが始まり、ビジネスが始まり、スクール事業以外のサブ業務がどんどん増えていきましたが、どちらも手放す訳にも行かず、作業効率を高める術を自然と身につける環境に身を置く事になり、さらにスキルが上がっていきました。

昇進と独立

仕事が趣味のような所はありましたが、プロジェクトとプロジェクトの間の期間は余裕があるので、毎日のように梅田界隈のホテルでビュッフェを食べにランチで2時間まったりしてからオフィスに戻って、カフェして一服してから仕事をしようかな…。そんな状態でしたし、自分専用の部屋も貰っていたので、結構好き勝手働いていました。
先生業をする時間もなかったのでパソコンスクールは閉校させ、会社全体のマーケティング全体に対しての業務に集中する様になりました。
仕事で結果を出して行き、昇進も特に望んで無くとも勝手に上がっていきます。
この頃になると、上司が一人では無く、3人位になって来ます。
私の所属を何処にするのか、社長直下か、取締直下か、元の上司直下か…。
普通だと社長の直属につくのがセオリーですよね。その方がさらに大きく仕事もできますし。
常に内線で、色々な上司から仕事の依頼が舞い込んでくると優先順位がややこしい…という事で、私は元の上司の言葉でないと動かないと決めました。

ここまで好き勝手に働いてきて、自分の全力をぶつけて、多くの挫折もし、様々な事を学んで昇進して、次は副社長へ…となる予定となった時に、会社の為だけに力を使い続けるのはもういいかなと気持ち的に一段落しました。

多くの時間を社長のビジネスの側で見てアシストしていたので、ここから先に自己成長させる為には自分自身が社長になって、トップの目線で立たなければ、どれだけ昇進したって結局従業員の目線でしか考えられない。そんな思いがありました。
仕事としての一段落した事と、入社時に10年後に独立すると決めて丁度10年目に達していたのも何かの縁かなと退社し、HEARTSを作る事にしました。

退社して、HEARTSを作る前に、某有名なパソコンスクール卒業生が雇われていたオフィスに行った時に、その上司の方が、卒業して使えると言ってたから雇ったのに、決まったことしかできないし、全然使えない… と嘆かれていました。
最初に講師として大学生に教えていた時の『実際に使えなければ意味が無い』というポリシーは何も変わってない。

なので、HEARTSはこれまでの私の集大成としてのスキルとパソコンスキルを指導して行きたいし、生徒や卒業生が、その後昇進するなり、自分でビジネスを作るなりと自分の可能性を開花してくれたらと立ち上げました。

このような経歴から、決してパソコンが好きだから、パソコンの先生をしたというよりも、仕事で必要であり、結果を出す為のスキルとしての活用方法を教えているという事になります。
それは単にパソコンスキルだけで得られるモノではありません。
そして、その為には一人ひとりと向き合う事が、本当に必要で、よくあるキャッチコピーの様なレベルでは無く、仕事の事、家族の事、プライベートの事でも色々な生徒さんからの質問や悩みに親身に相談に乗って対応しています。
勿論、年齢が上の方80歳くらいの方でも、みんな可愛い子ども達・・・という感覚です。
だから、大切な子ども達を守らないと・・・という思いがあります。
そして パソコンスキルとしては親的な存在として、見守りながらも独立して大きくなって、幸せになって貰いたいと願いを込めて、今日も授業しています。

関連記事

  1. 子どもの事を思うと、やっぱりプログラミングはやった方が良い。…

  2. WORDに常に表示される行の連番を表示する

  3. 気分は管制官?いや世界征服?

  4. 社会人として押えておくべき8つの事

  5. 言葉の壁をなくす。通訳デバイス「ポケトーク」

  6. 教えるスピード下げすぎないのには理由があります

大阪北部を中心に色々な方面からお越しです。

梅田/中津/十三/三国/庄内/服部/曽根/岡町/豊中/蛍池/石橋/池田/川西能勢口/雲雀丘花屋敷/山本/中山寺/売布神社/清荒神/宝塚/箕面/牧落/桜井/千里中央/北千里/大阪空港/蛍池/柴原/少路/千里中央/山田/万博記念公園/宇野辺/南茨木/沢良宜/摂津/南摂津/大日/門真市/天神橋筋六丁目/柴島/淡路/下新庄/吹田/豊津/関大前/千里山/南千里/山田/北千里/江坂/東三国/新大阪/西中島南方/中津/梅田/淀屋橋/本町/天王寺/千里中央/桃山台/緑地公園/江坂/東大阪/大東/守口/寝屋川/門真