HEARTSのコロナ対策を知ってもらう

毎日マスコミが煽るので、コロナ怖い!と思うかもしれません。
怖がるのはいいのですが、上手に怖がったらいいと思うのですが、過剰感が凄いなとは思います。

コロナで死亡している人数は3月8日現在 6人となります。
勿論、この数字が本当とは思ってません。 なので、潜在的な部分を含めて、 この数を10倍…、いや100倍としましょう。
仮に600人とします。おおよそコロナトークが出てきたのが、12月あたりになるので、おおよそ4カ月中という所です。
1か月で150人 12か月(年間)で1800人としましょう。 仮に100倍にした数でこれです。

日本で交通事故で年間死亡者は3200人 です。
日本で年間17000人が食中毒で運ばれ
日本で自殺によって自ら命を終わらせる人は、やっと2万人(年間)まで減ってきた! という具合です。

外で交通事故にあう!という理由で外出しない人もいないだろうし、食中毒になるからという理由で食べないなんて選択はないと思います。
もうちょと怖がり方を考えたらどうなの?と思う訳です。

さて、結果を怖がるよりも、大事なのは、その原因を解消させる事です。
一番大きいリスクは 接触感染 です。
肌から直接吸収されないのであれば、粘膜露出部(目・鼻・口)を守ればOKという事になります。

身体を守る

目を守る

ガチンコで守るなら、水中メガネでもつけていれば、もう完璧な保護になりますが、さすがにまだ今の世の中の感じでは、水中メガネで歩くと、ある意味危ない人になります(笑)
ですので、メガネ(伊達メガネもOK) 花粉症対策眼鏡ならなおOK です。

みんな、マスクマスク!って 咽喉は守ろうとするのに、目は ノーガードなのね。
目 も感染するからね。消毒してない手で、目をこすればそりゃ、感染拡大するよね。

鼻を守る

マスクを利用しているのなら、鼻までしっかりつけよう。
外部から守る為でなく、私としては、マスクをする事による、加湿効果で、鼻の内部の乾燥を防ぐ事が、繊毛も働き、排除しやすい仕組みが保持される。
これは花粉症と同じような発想で、例えば『馬油』を鼻の粘膜に塗っておけば、花粉も解決できる。ウィルスが、直接 細胞に入り込むのを防ぐ事にもつながる。
とりあえず、水分。

口を守る

これも鼻と同じ。
口の場合は、うがいもできる。 何より、乾燥が良くない。乾燥すると、本来持っている ウィルスや最近の排除機能がうまく機能しない。
だから、ちょこちょこ水を飲もう! 咽喉の細胞にくっつかれるくらいなら、胃に落として、強烈な胃酸でキャーンいわせたれ!という具合。

手を守る

一番汚い。いつだっていつも汚い。
だから、ちゃんと石鹸でしっかり洗おう!  どんな消毒液があっても、手が汚いままでは意味がない。
少なくとも、手洗いすらも、しっかりデキない、コロナにビビってるのは、人として意味が解らない。

教室の学習環境を守る

みなさんは、コロナニュースを見て、感染者が出たから、休止して、消毒を行って再営業…というのをニュースで幾度となく聞いてきたと思う。
因みに、その消毒ってどうしてるか知ってますか?
なんか、保健所が来て、消毒をするっていうと、凄そうだけど。
基本的に、アルコール又は、ハイター薄めたので、拭くだけです。場合によっては、噴霧して終わり。

申し訳ないけど、私基準だと、こえぇよ! という事の方が大きい。
なぜ、アルコール消毒とハイター(次亜塩素酸ナトリウム)を使うのかというと、昔から、これ使えって規定されて、それよりいいものがあっても、採用されない。
だから、効果がある・なし関係なく、基本。アルコールとハイターという事になる。

これは厚生労働省が出しているガイドラインがあるので、それに従わざる得ないというのがあるように思う訳です。

じゃぁ、HEARTSは、どうしてるのか???

① アルコールによる脱脂(除菌というよりも脱脂が主体:汚れを落とす)

コロナはエンベローブを持つタイプのウィルス。だから、外郭のエンベローブバリアを破壊する。
で、ウィルス本体をむき出しにする。
とはいえ、私の中で、これはあくまでおまけ。
基本的に、みんなの手の脂を落とすのが目的。

② エタノール + 二酸化塩素によるダブル攻撃

①の内容に加え、二酸化塩素による殺菌。
これにより、 大腸菌(O-157)、サルモネラ菌、黄色ブドウ球菌、白癬(はくせん)菌、インフルエンザウィルスA型(H1N1)、ノロウィルス など の滅菌を行う。

③ 次亜塩素酸水によるさらに消毒

②に加え、さらに高速で反応する 次亜塩素酸水を利用して殺菌。
アルコールの150倍程度。 ハイターの10倍程度の殺菌力を持ち、反応スピードは80倍にも及ぶ。
ただ、人間にはいいけれど、機械に触れると腐食するので注意。

④ 短波紫外線による 強紫外線による殺菌

紫外線の中でも、さらに強力なUVCレベルの紫外線を放射
X線(レントゲン線)に近い強力な紫外線で、コロナウィルスが持つ、RAN(核酸)もろとも破壊。
太陽光の1600倍の殺菌力。ほぼ宇宙空間にいる状態です。
故に、人間が当たると被ばくします。
もはや、コロナウィルスとか、細菌とか、もう関係ありません。
そのエリアにあるDNAの塩基を破壊するので、生命破壊装置…とも言えます。

ヤルというには、ヤラレル覚悟も必要! という事ですね。

という事で、保健所なんかがやるような殺菌レベルではなく、ガチンコの消毒を 授業後に毎回行っているので、ご安心下さい。
それを知らないと、大丈夫なの?教室? ってなりますよね。
ぶっちゃけ、たぶん、みなさんのお家の中より安全…と思います。

お願い

とはいえ、機器は滅菌されても、皆さんが持ち込まれてしまうと、皆さんを殺菌する訳にもいきません。
なので、マスクは着用して受講下さい。
それは、他の生徒さんを守る事にもなりますし、ご自身の咽喉の湿度を保つ為に必要です。

生徒さんは無料で消毒液 配布します!

教室で利用している、次亜塩素酸を 生徒さんにも無料で配布いたします。
一人いくらまで・・・という事はありません。足りなくなったらまた、言って下さい。
みんなに行きわたる様に致しますのでご安心下さい。

ただスプレーボトルがありませんので、スプレーボトルをご用意いただきます。
HEARTSだけでなく、みなさんのご自宅もちゃんと 守ります!

次亜塩素酸水の使い方については、こちらのブログでもご紹介しております。


注目記事