お客様の声

自分で考える事を自然と促される指導法

自分の考えを効果的に伝えるという発想に初めて取り組み、社会で実際に役立つこうしたスキルをパソコン教室で教わるとは思ってもみなかったので、新鮮な驚きでした。一粒で何度もおいしいパソコン教室です。

Mさん(学生)

■ 苦手意識を変えようと思ったのが始まりです。
パソコンを習った経験がまったくなく、インターネット関係や各種機器との接続等、必要なことはその都度なんとかしてきたけれどこれでは社会で通用しないと常々思っていました。PowerPointどころかExcelすら一度も触ったことがなく、Wordも文章をただ打つ文字通りワープロ状態・・・。強烈な苦手意識をなんとかしたいとパソコン教室を探していたところ、偶然めぐりあったのがHEARTSです。
近いし安そうだし、とにかく直接のぞいてみようと飛び込んだら親切に対応してくださり(本当は予約が必要だと思います)、体験させていただいた後即決しました。
決まったカリキュラムの授業形式ではないので、私のように初心者に近いけれどできることもちょっぴりあるという能力のムラにも先生が個別に対応してくださるのがなによりの魅力です。
■ 勉強する方法〜活用させる為の勉強へ
生徒の席は全部で8つ?少人数でそれぞれ与えられた課題に取り組んでいます。
質問があればその都度声をあげて先生に見ていただきますが、先生はお一人なので質問が立て込むとなかなか大変です。
ここぞというタイミングですかさず主張する図々しさも問われます(笑)
要点をまとめてピンポイントで聞かなければと、自分でやれること、やってみたけれどどうしてもできないことなど整理をつける良い機会になりますし、それを狙ってまずは自分で課題に取り組むというシステムになっているのだと思います。
「指示待ちはダメですよ」という言葉も時に聞かれます。でも何を質問していいかも分からない位、初めての事などは、ホワイトボードで一から説明して下さいますのでご安心を。
ある程度の知識を入れるために教科書的な教材に取り組む時もあります。自分でノートを取りながら進め、教材が終わればまた実践的な課題で知識の定着を図ります。
■ 実践的な力を、実践的な資格で証明できる (・∀・)
ワープロ検定や情報処理検定の模擬試験を一斉に行うこともあります。
タイピング、文書作成、情報処理と自分のレベルに合わせた級を提示してくださり、何度も練習していくうちに実際の試験合格も見えてくるようです。本試験も教室で実施するので目指す方も多く、いい目標になります。通い始めて5ヶ月ですが、次回12月にワープロ検定1級、情報処理は2級を目指せればと思っています。
そのくらい初心者でも上達を見込めるのがHEARTSの力だと思います。
■ 実際の授業は?というと…。
特に厳しいとは思いませんが、“自分で考える”ことを自然と促される指導法だと思います。印象的だったのは、PowerPointを習った時のこと。アニメーションなどの操作法は「そういう事が出来るという事を一通り知って一旦全部忘れてね」と言われ、え?と思いましたが、プレゼンの小技ではなく“本当に相手に伝えたい事を伝えるには”と言うプレゼンテーションの根幹を第一に、その為にPowerPointをツールとして利用しようという考え方を教えて頂いた様な気がします。
ちなみに私に出された課題は「まったくファッションとか興味のない50代の男性に、ユニクロの服を使っておしゃれをしませんかという提案」でした。
私自身はファッションが大好きなのでかなり熱が入り、まだほとんど使えないPhotoshopで苦労して納得のいくコーディネートを作ったり、プレゼン全体としても実際に誰かに聞いてもらうことを想定して構成を練りました。思うような画像が見つからない、効果的なアニメーションがスムーズに決められないなど、初心者ならではの苦労もあり実働30時間くらいかけて自宅で作成したプレゼンが意外とウケてOKをいただけた時の達成感!
自分の考えを効果的に伝えるという発想に初めて取り組み、社会で実際に役立つこうしたスキルをパソコン教室で教わるとは思ってもみなかったので、新鮮な驚きでした。一粒で何度もおいしいパソコン教室です。
おいしいと言えば先生が淹れてくださるコーヒー、豆から挽く本格派で教室中よい香りに包まれます。
まったりしながら頭はフル回転の2時間、とても充実しています。